豊富な実績とノウハウを持つ女性行政書士、内容証明屋にご相談ください!!

ご相談はこちらから

行政書士と内容証明

行政書士は、行う業務を法で定められており、行政書士法に

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公庁に提出する書類その他権利義務または事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。

とさだめられています。
内容証明郵便は、権利義務または事実証明に関する書類に該当し、報酬を得て作成することができる書類となるわけです。

行政書士のその他の「事実関係証明に関する書類」は、主に許認可関係や申請、又相続に関する書類などがありますが、これらはどちらかというと対面が必要な仕事に分類されます。
地元の官公庁などの役所に出向く必要もあり、ホームページでご依頼をお受けするには少々難しい面がある、ということです。

多くの行政書士が内容証明の代理作成のホームページを運営する理由がそこにあります。

また、内容証明はその性質上、あまり第三者に知られたくない郵便物です。
ましてやその内容を最寄の郵便局で熟読されることになりますから、慰謝料請求などもそうですけれど、いくら守秘義務があるといっても、郵便局の窓口の職員が 知り合いだったりしたらたまりません。

その点、顔も知らない第三者で守秘義務のある行政書士に代理作成を頼むことができるのは、気が楽になるというわけです。

内容証明屋のこだわり・その1

行政書士がインターネットで内容証明の代理作成業務を行うことは以上のような理由ですが、しかしわりと大きな問題もあります。
それは、内容証明代理作成業務の単価が低い、ということです。

行政書士業務はその扱える範囲も広く、開業当時何に的を絞ったらいいのかずいぶん悩みました。実測や経理計算は苦手とするほうでしたし、なれるまでに時間もかかりそうです。
私は比較的文章を作成することを苦にせず、どちらかというと作文は好きなほうでしたので、内容証明にまずは着手することに決めました。

そこで行政書士登録をした平成15年に、半年かかってこのホームページを作成し、内容証明の代理作成業務を開始しました。
それから現在に至るまで、内容証明代理作成を中心に業務を行ってきましたが、開始当時に同じようにホームページを掲載していた行政書士の方々が、男女を問わず、方向転換されている現実にも気が付きました。
内容証明は行政書士業務の中では単価が低く、継続性が無い為、よほどの量をこなさないと、行政書士業務の柱とすることが難しいのです。

そのなかで、ほかに能も無く、また内容証明の作成自体がおもしろいものであり、家計を支えるだけの必要に迫られない、といった理由で、内容証明屋.netは、本当に内容証明一本で今までやってきております。

内容証明屋のこだわり・その2

内容証明屋では、内容証明を作成する際、以下の点に注意を払って作成しております。
  • 違法性・不法性はないか
  • 根拠とする条文は間違いないか
  • 証拠能力は十分か
  • 受取人が弁護士に見せた場合、ご依頼者に不利になる点はないか
  • 作成した内容証明がご依頼者の頼りになる武器となっているか

弁護士さんであれば、定型文的な内容証明を出しておいて、後で電話でもなんでも直接交渉できますが、行政書士は、本人さんに代わって相手方と直接交渉するような代理行為は、法律により制限されています。
ですから、内容証明一本でそれなりの効果をあげることを狙う必要があります。
いわば、「語る内容証明」、にする必要があり、内容証明屋ではその点にこだわりをもって作成しています。

内容証明屋のこだわり・その3

内容証明屋.netを開設してから、料金についてはずいぶん変更を重ねてきました。
最初はいくらくらいが妥当か全くわからず、他のサイトを参考に設定したり、ご依頼案件のケース別に設定したりしてきました。

ようやく現在の設定料金が、現在の私の職歴に見合った適正な料金であるということができます。

事例別での料金設定も結構長期間でした。しかし、この事案だから文案作成が簡易、とか、この事案だったら雛形どおり、などというケースはごく一部であることに気が付きました。
事例ではなく、個別の案件ごとに、費やす時間や知識は今現在でも異なります。そこで、いかに労力が必要だったかを基準に、枚数により料金設定してあります。

枚数が多ければ大変で、少なければそうでもないのか、ということでもありませんが、やはり枚数が多くなるということは、それだけ言及することも多くなるわけで、少ないものよりやはり労力が必要です。
したがって、今の料金設定については、かなり適切な設定であると自負しております。

もちろん弁護士にご依頼になるよりかなり割安ですので、初回のアプローチにはうってつけだと思います。

内容証明屋.netは、豊富な内容証明作成ノウハウをもっております。
内容証明の代理作成は、安心してお任せください。



お問合せ先
お問い合わせはFAX/E-mailで受け付けています。

新潟県行政書士会会員
小林行政書士事務所
〒942-0063新潟県上越市下門前字大割791−1
ベロウモンド102号
FAX 025-543-1991
E-mail kobayashi@naiyousyoumeiya.net
★当店はリンクフリーです。